ブログ

感染根管処置について

2017年12月20日
 こんにちは、歯科医師の白石です。寒くなってきて、雪も積もる季節になってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?先週の日曜は私の実家付近で雪が40㎝積もり、日中を雪かきに費やす事となり、さすがに身体にこたえました。年末年始が近づいていますから、事故の無いようお過ごし下さいね。

 さて、最近私の治療の質向上のために取り組んでいることは、感染根管処置です。一度根の治療をした歯の状態が悪くなってしまい、根の先(根尖)に膿が溜まった状態を改善するための治療です。なかなかこれが一筋縄にはいかず、根の治療専門医の歯科医先生でも成功率は50%であるとされています。予後が悪い(治りが悪く、炎症が収まらない)ケースや、感染した部分を取り除くと歯が小さくなりすぎて、治療してもすぐに歯が割れてしまう可能性があるケースは、残念ながら抜歯に至る確率もかなり高いのです。
 難しい治療ではありますが、少しでも治療成功率を上げて、歯を1本でも残すことのできるように、日々鍛錬ですPC190002.JPG

空間作りの難しさ

2017年12月04日
歯科衛生士の新谷です。
まだまだ日中は暖かい日もありますが早朝は車の窓が凍っていたり日に日に冬を感じるようになりました。
風邪もひかず元気な私ですが皆様は体調いかがでしょうか。

さてタイトルの空間作りですが、現在ハッピー歯科医院では来院される方が落ち着いて治療を受けれるように診療室の改善に取り組んでいます。
魅せる収納というのもありますがいかに統一した色味で洗礼した空間を作るか・・・
実は仕事で取り組むようになってから自分の家でも部屋のインテリアに気を配るようになったのですが、これがとても難しい!
まず雑多な状態を払拭するには断捨離から(笑)
自分の身の回りの居心地の良さを追求することで精神的にも落ち着いて日々生活できるのかもしれませんね。
是非空間作りにお詳しい方いらっしゃいましたらアドバイスいただきたいものです(^^)

ido.png
先日沖縄に行ってきました。
有名なパワースポットのガジュマルの木。
なんだか元気になった気がする不思議な場所でした☆



感染対策

2017年11月27日
こんにちは、歯科衛生士の岡本です。

先日テレビを見ていたら、ある人の生活を密着するという内容だったのですが、その方が密着中に歯科医院に行っていまして、それをなんとなくボーっと見ていたら、私にとってはとても信じられないような光景を目にしてしまいました。
まず、歯科医師はグローブをせず患者の口腔内を触っていたこと。
それ自体は割と古い歯科医院には多く見られるものなのでさほど気にしてはいなっかったのですが、
驚いたのはそこからです。
口腔内を触って手で手洗いも何もせず、引き出しを開けてものを出したり、いろいろなところを触っていたりなど、歯科衛生士という私の立場からはとても考えられない光景でした。
しかもそれが全国放送していいものか、とも思いました。
当院では引き出しを開閉する際や、何か他のところを触る際にはグローブを外しています。
皆様にさらに安心を提供できるように今後も感染対策を徹底していきたいと思います。
PB270001.JPG

カテゴリー

アーカイブ

top